twitter facebook rss

新着情報

交通事故診療と損害賠償実務の交錯

【編集】交通事故賠償研究会

A5判・並製本・定価3,456円(本体3,200円+税)送料300円

*定価は8%税込み価格です。

【編集委員】

羽成守(弁護士)/藤川謙二(藤川病院)/山下仁司(やました整形外科)/八島宏平(損保料率機構)

 

●Q&A白い本の旧第1編が論文集になりました!

●自賠法施行60周年記念出版!!

 

<目次>

1 自賠責保険の歴史およびその運用経過と医療費の現状と課題(八島宏平)

2 交通事故診療の新しい診療報酬体系に向けて(日本医師会の取組み)(藤川謙二)

3 臨床整形外科医から見た交通事故医療費の問題点(1点単価、柔道整復師、打切り、健保切替え)(松?信夫)

4 弁護士から見た交通事故医療費の問題点(高額診療、過剰診療、1点10円判決の評価等)(坂東司朗)

5 第三者行為手続の問題点(坂口一樹・水谷渉・森宏一郎)

6 いわゆる健保使用一括払いの問題点(山下仁司)

7 人身傷害保険と過失相殺(垣内惠子)

8 柔道整復師問題(相原忠彦)

9 新型後遺障害―CRPS―(松居英二)

10 新型後遺障害―脳脊髄液減少症の法的意義―(羽成守)

11 新型後遺障害―MTBI(軽度外傷性脳損傷)―(手塚泰史)

12 新型後遺障害―胸郭出口症候群(TOS)―(川谷良太郎)

13 新型後遺障害―線維筋痛症―(黒田清綱)

2016/05/14 新刊情報   創耕舎STAFF